Unsocial Hours

諜報員の日々のつぶやき

世界は令和おじさんをどうみているか

 

先日は安倍総理辞任に関する海外メディアの見方を取り上げてみたが、今度は時期首相の呼び声高い「令和おじさん」こと菅官房長官への評価が出始めた。

 

unsocial-hours.hatenablog.com

 

 

まずは米ウォールストリートジャーナル。こちらは日本語版から

安倍首相の退陣、日米連携の波乱要因になるか - WSJ

 

 

「安倍首相の後任レースでは、9月1日時点で、側近の菅義偉氏(官房長官)が与党自由民主党内の複数の主要派閥の支持を得て、最有力候補に浮上した。菅氏が安倍氏の政策を陰で支えてきたことは日本ではよく知られているが、菅氏には外交面の経験がほとんどない」

 

 

「菅氏は、安倍氏からの継続という点で、最も明白な選択肢になる。より難しい問題は、安倍氏が日本の親米政策を導く上で発揮してきた創造性や個人的価値観を彼が再現できるかどうかだ」

 

 

「元国務次官で、ジョー・バイデン陣営のアドバイザーを務めるニコラス・バーンズ氏は、『日本が米国から離れていくことを懸念する必要はないと思う。われわれが懸念しなければならないのは、日本が非常に強力で有能な米国の同盟国であり続けるかどうかだ』と述べる」

 

 

続いて米ワシントンポスト

 

 

「日本の修理屋・菅義偉安倍晋三の後を継ぎ指導者へ」

Japan?s ?Mr. Fixit,? Yoshihide Suga, set to succeed Shinzo Abe as leader - The Washington Post

 

 

"Suga, who has a reputation as a skilled backroom operator but a less-than-charismatic public figure, appeared set to defeat a challenge from Abe’s archrival, Shigeru Ishiba"

 

「有能な影の仕事人として知られる一方で公人としてのカリスマ性は低い菅氏は、安倍氏の宿敵たる石破茂氏からの挑戦を打ち破るとみられている」

 

 

"Diplomatically, Suga would also likely follow in Abe’s footsteps, simultaneously attempting to strengthen the alliance with the United States while improving relations with China. But he is not known as a foreign policy expert and lacks Abe’s stature on the world stage."

 

「外交面では、菅氏は安倍氏の足跡をたどる可能性が高く、中国との関係改善を行うと同時に日米同盟の強化を試みるだろう。しかし、菅氏が外交政策に精通しているとの見方はなく、安倍氏が世界の舞台で築き上げたような地位は持ち合わせていない」

 

 

"Suga’s more reserved nature could prove a hurdle in building a similar relationship with the U.S. president — especially if Trump wins reelection."

 

「菅氏の控え目な姿勢は、米国の大統領と従来と同様の関係を築く上で障害となる恐れがあり、特にトランプ氏が再選を果たせばなおさらだ」

 

 

"Economically, Suga would be unlikely to depart much from Abe’s strategy of using fiscal and monetary stimulus to keep Japan’s economy afloat but isn’t thought likely to be any bolder in pushing through the structural reforms needed to really put wind in the economy’s sails."

 

「経済面では、財政・金融刺激策で経済維持を図る安倍氏の戦略から大きく逸れることはないと思われるが、経済を回す上で真に必要とされる構造改革の推進においては、今以上の大胆さを発揮するとは思われていない」

 

 

 

やはり米国を代表する両紙ともに、菅さんの外交経験の乏しさや、カリスマ性の低さ、といった点が気になるようだ。

 

 

菅さんは人生を政治に捧げているといっても過言ではない鉄人だが、トランプのような狂気じみた指導者と対等な関係を築くために必要な気さくさやユーモア、大胆さのようなものは確かにあまり感じられない。

 

 

控え目、謙虚、愚直などの日本的な美徳をすべて体現するかのような菅氏の姿勢・人となりが果たして自由の国・米国でどのように受け止められるのかは未知数だ。

 

 

菅さんのような性格の人物が合理性もロジックも破綻し、常に直観と感情を優先するようなトランプ氏と馬が合うようには思えない。その意味だとより伝統的で保守的なバイデン氏の方がやりやすいようにも思える。

 

 

菅さんの今後という意味でも11月の大統領選の結果が楽しみだ。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

記事を気に入っていただけたら、励みになりますので、以下のバナーもクリックいただけると大変嬉しいです。(サイドバーにも貼ってあります)


海外ニュースランキング

 

Twitterもやってますので、よければこちらもどうぞ ↓↓

かるな (@unsocial_hours) | Twitter

 

f:id:Unsocial_Hours:20200902212142j:plain

 

総理辞任への海外の反応が地味に熱い②

 

昨日も同じ内容の記事を投稿したばかりだが、安倍首相が金曜夕方に辞任を発表したため、各メディアが週末を挟んでようやくコラムや社説を出し始めた。 

 

unsocial-hours.hatenablog.com

 

 

 

そしてそれらがことごとく首相を絶賛・賞賛するものばかりなので、日本国民として読んでいて悪い気はしないと思ったので本日も取り上げてみることにする。

 

 

記事全文をそのまま載せたり紹介したりするのは、冗長になりやすいということもあって普段控えているものの、今回に関しては各記事ほぼ全文で首相の業績を称えているものばかりのため、少し例外ということにしたい。笑

 

 

まずは英フィナンシャル・タイムズの社説 

 

"Shinzo Abe’s legacy must not be squandered"

 

安倍晋三の遺産を無駄にしてはならない」

 

on.ft.com

 

 


"Mr Abe has reason to be proud of his legacy. He has become the longest-serving prime minister in postwar Japanese history. This is more than a personal landmark. Nearly eight years in office have given him the chance to put his stamp on Japan. By centralising power in the prime minister’s office, Mr Abe was able to compel the cautious Japanese bureaucratic state to experiment with radical new economic policies. After decades of near-stagnation, deflation and ever-rising debt, there was a clear need to try something new."

 

安倍氏には自らの遺産を誇るべき理由がある。戦後日本の歴史上、最長の首相となったことは、首相個人にとっての画期的出来事というだけではない。8年近くの在任期間を通じて安倍氏は自らの証を日本に残した。内閣に権力を集めることで慎重な日本の官僚国家を動かし、新たな抜本的経済政策を試験的に導入した。数十年間に及ぶ経済不振、デフレ、累積債務の増加を経て、新たな策を試す必要があったのは明らかだった」

 

 

"Although Mr Abe has roots in the most conservative wing of the ruling Liberal Democratic Party, he has also pushed Japan towards more liberal social attitudes. With the country’s population shrinking, the prime minister understood the need to expand the potential labour pool — by making the workplace more welcoming for women. His espousal of “womenomics” was also a blow for personal freedom. The policy has arguably been stronger on rhetoric than actual practical effect. But Japan is a very conservative place and Mr Abe has started to move things in the right direction."

 

安倍氏は与党自民党の中でも最も右寄りの派閥に属しているものの、リベラルな社会的姿勢の実現に向け日本を後押した。国の人口が減少し続けるなか、安倍氏潜在的な労働力の拡大が必要なことを理解しており、女性の働きやすい職場作りを手段に挙げた。また『ウーマノミクス』の採用は個人の自由を促進した。その政策については実務ではなく言葉上でより強い効果を発揮しているとの指摘がなされている。しかし、日本は非常に保守的な国であり、安倍氏は正しい方向に物事を動かし始めた」

 

 

"Given Mr Abe’s background in nationalist politics, his openness to social reform and his internationalist foreign policy have been surprising to some. But he has been intelligent enough to understand that in today’s Japan, a nationalist also needs to be open to radical change. The danger for Japan, in the post-Abe era, is that a period of political instability will lead to a reassertion of the power of the bureaucratic state — with all the inertia and caution that has bred in the past. The boldness that has marked the Abe years needs to continue."

 

安倍氏ナショナリスト的な政治背景を踏まえると、社会改革に前向きな姿勢や国際性豊かな外交政策は一部の人々にとって驚くべきものだった。一方で安倍氏は十分な知性を持ち合わせており、今の日本においてはナショナリストも抜本的改革に前向きでなければならないことを理解していた。ポスト安倍時代の日本にとって危険なのは、政情不安の継続で官僚国家が再び権力を振るうようになり、かつての惰性と慎重姿勢が蘇ることだ。安倍氏の在任期間を象徴した大胆さは今後も維持される必要がある」

 

ここに記載した以外にも、長年のタブーとされてきた移民の受け入れを拡大させたことや、日・EU、日・英の貿易協定、TPPなどの新たな合意を結んだことも安倍首相の功績として挙げられた。

 

 

お次は米ワシントンポストの社説

 

"Shinzo Abe’s resignation could deal a blow to Japan and U.S. interests alike"

 

安倍晋三の辞任は日米の国益に打撃を与えかねない」

 

www.washingtonpost.com

 

"SHINZO ABE, who resigned Friday as Japan’s prime minister, can claim some remarkable political accomplishments. He survived in office nearly eight years — the longest term for a prime minister in the country’s history — and accumulated authority unknown by most of his predecessors. He catalyzed a shift away from Japan’s postwar pacifism toward a more proactive defense and assertive foreign policy. And, more than most major U.S. allies, he managed to maintain good relations with President Trump."

 

「先週金曜に辞任を表明した日本の安倍首相は、いくつかの著しい政治的成果を上げたといえる。国の歴史上最長となる8年近くの就任期間を生き抜き、前任者の多くには考えられなかった権力集中を行った。安倍氏は日本の戦後平和主義から脱却し、より積極的な防衛・外国政策の実現に向けたシフトを促した。また大半の米国の主要同盟国以上に、トランプ大統領と良好な関係を維持することに成功した」

 

 

"Mr. Abe’s departure, prompted by illness, could deal a blow to U.S. interests in Asia, including efforts to check Chinese aggression and contain North Korea’s nuclear arsenal. Unstable politics produced seven prime ministers in the seven years before Mr. Abe took office, and whoever succeeds him is almost certain to be weaker. Though it seems likely that the successor will be an Abe acolyte, there’s no guarantee that Tokyo’s firmness on North Korea and willingness to join other U.S. allies in standing up to China will be sustained."

 

「病による安倍氏の離脱は、中国による侵略行為の抑制や核開発を行う北朝鮮の封じ込めなど、アジアにおける米国の国益にとって打撃となる可能性がある。安倍氏が首相の座に就く前は、政情不安により7年間で7人の首相が選出されており、今後誰が安倍氏の後を継いでもその力は間違いなく今より弱まる。後任は安倍氏の信奉者になる見通しだが、北朝鮮に対する日本の断固とした姿勢や、米国の他の同盟諸国と連携した中国への対抗姿勢が今後も維持される保証はない」

 

 

"Mr. Abe’s most enduring legacy may well be Japan’s adoption of a more muscular defense posture, enabled in part by passage of a law allowing the country’s military forces, which are constitutionally restricted to self-defense, to operate outside national borders"

 

安倍氏の遺産の中で最も持続的なものは、自衛隊の外国任務を許可する法案の可決などにより、より強固な防衛態勢を採用したことだろう」

 

 

 

"One consequence of Mr. Abe’s misplaced priorities was a failure to follow through on badly needed economic and social reforms. While the central bank chief he appointed stimulated employment with monetary measures, Mr. Abe largely failed to deliver on the most politically difficult strand of his “Abeconomics,” structural reforms to enhance competition. Mr. Abe loosened restrictions on immigration to allow more foreign workers, but his pledges to expand opportunities for women had little impact on corporate or political life, even as the country’s birthrate and population continued to decline. The challenge of tackling those stubborn problems will now fall to future prime ministers — who, at least in the short term, are unlikely to be Mr. Abe’s political equals."

 

安倍氏が課題の優先付けを誤ったことにより、切に求められている経済・社会改革は失敗に終わった。自らが抜擢した中央銀行総裁が金融政策で雇用を刺激するなか、安倍氏は『アベノミクス』の中で最も政治的に困難とされた競争力の向上に向けた構造改革におおむね失敗した。安倍氏外国人労働者の受け入れ拡大に向け移民規制を緩和した。一方で女性の機会拡大を掲げたが、企業・政治活動への影響はほとんどなかった。これらの一筋縄ではいかない問題に対処する課題は次の首相に引き継がれることになるが、政治的な能力で安倍氏に匹敵する者は少なくとも短期的には現れないだろう」

 

 

またワシントンポストからはもう1稿。先日トランプ大統領の暴露本を出して話題になったボルトン大統領補佐官の寄稿。

 

"Abe will be missed, not least because he tethered Trump somewhere close to reality"

 

「トランプ氏を現実に近い場所につなぎとめていただけに安倍氏の辞任は惜しまれる」

 

www.washingtonpost.com

 

"The resignation of Prime Minister Shinzo Abe — Japan’s most consequential leader since World War II — is a major loss for both Japan and the United States."

 

「安倍首相は第二次大戦以来、最も影響力のある日本の指導者であり、その辞任は日本と米国の双方にとって大きな損失だ」

 

 

"By preventing trade and investment controversies (inevitable between any two large, interconnected economies) from assuming disproportionate significance in Tokyo and Washington, Abe worked a kind of magic with President Trump. Other U.S. allies were not so successful, repeatedly finding themselves locked in arguments about tariffs, trade barriers and preferential treatment."

 

「日米間の貿易や投資をめぐる論争(互いに依存し合う経済大国間では避けられない)が外交的な重要性を帯びないようにすることで、安倍氏トランプ大統領と魔法のように上手く歩んだ。米国の他の同盟諸国はこのようにはいかず、関税、貿易障壁、優遇措置をめぐる論争に幾度となく囚われた」

 

 

"During the Trump administration, Abe’s disciplined diplomacy was important. He was like a heavy metal chain tethering the president somewhere proximate to reality, rather than getting lost in the Trump-Kim Jong Un rapture."

 

「トランプ政権下において、安倍氏の秩序だった外交は重要だった。安倍氏はトランプ・金正恩間の歓喜の中でも自らを見失うことなく、トランプ氏を現実に近い場所につなぎとめる重い鉄の鎖のような存在だった」

 

 

 

 

昨日のウォールストリートジャーナルの社説と合わせてみても、この8年弱で各方面で抜本的な措置を取ったことが広く評価されている。

 

 

興味深いのは防衛面の拡大に関する評価で、アジアにおいては何かと議論を呼ぶ日本の拡大論が欧米にとってはこうも好意的に評価されているという点。

 

 

おそらく中国や韓国の視点に立つと、防衛面での功績はここまで評価されていないのかもしれない。

 

 

後任に関してはワシントンポストが最も悲観的な見方を示していて、おそらく今いる候補者の顔ぶれに対する率直な意見としては日本の識者とまあまあ近いように感じる。

 

 

日頃トランプへの批判を表立ってしている同紙からすると、あのトランプと仲良くできていたのにもったいない!!!という気持ちが全面に表れているのかもしれない。

 

 

すでに菅さんが首相になったかのような邦メディアの報道のかたわら、個人的に菅さんとトランプのゴルフは絵面的にたしかに見てみたい気もする。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

記事を気に入っていただけたら、励みになりますので、以下のバナーもクリックいただけると大変嬉しいです。(サイドバーにも貼ってあります)


海外ニュースランキング

 

Twitterもやってますので、よければこちらもどうぞ ↓↓

かるな (@unsocial_hours) | Twitter

 

f:id:Unsocial_Hours:20200831164121j:image

 

総理辞任への海外の反応が地味に熱い

 

先日、辞任を発表した安倍首相への海外の反応が地味に熱い。

 

 

7年間でそれなりの数の各国首脳とかかわってきたため、儀礼も含めて当然といえば当然なのかもしれないが、そのメッセージの多さに驚いた。

 

 

ウォールストリートジャーナルの週末版は一早く社説を出した。

 

安倍晋三の遺産」

 

 

www.wsj.com

 

 

"it’s his country’s loss. His intentions were right even if he often struggled to overcome entrenched opposition to the reforms he knows Japan needs."

 

「安倍首相の辞任は国の損失だ。安倍氏は、改革の必要性を認識していたが、根強い反対を克服するのに度々苦労した。それでもその意図は正しかった」

 

 

"Mr. Abe’s eight years in office were characterized by his multifront campaign to turn Japan into a more normal country."

 

安倍氏の8年に及ぶ在任期間を特徴付けたのは、日本をより正常な国に変えるための多方面にわたる施策だった」

 

 

"His goal has been to turn the world’s third-largest economy into a normal, functioning market again."

 

安倍氏の目標は、世界第3位の規模の日本経済を正常に機能する市場に戻すことだった」

 

 

"Mr. Abe notched some important wins, such as a corporate-governance overhaul that has stimulated activist investing and pushed Japan Inc. to untangle complex, poorly managed conglomerates. He also took steps to allow more immigration, long a taboo in Japan."

 

安倍氏はいくつかの重要な勝利を収めた。例えばコーポレート・ガバナンスの見直しはアクティビストによる投資を喚起し、複雑で経営効率の悪いコングロマリット企業を解体する方向に日本企業全体を後押しした。また安倍氏は、日本で長らくタブーとされてきた移民受け入れを容認する措置を講じた」

 

 

"Mr. Abe’s main economic legacy will be the extraordinary easy-money policies unleashed by his handpicked Bank of Japan governor, Haruhiko Kuroda."

 

安倍氏の経済面での主な遺産は、自らが抜擢した黒田東彦 日銀総裁による異例の金融緩和政策だろう」

 

 

"Normalization also became Mr. Abe’s theme on foreign policy."

 

「正常化は安倍氏外交政策におけるテーマにもなった」

 

 

"he invested to boost capabilities for the country’s Self-Defense Force, and he spent political capital in deepening Japan’s alliances with its neighbors and allies such as the United States and Australia. His early outreach to President Trump—an avowed protectionist and longtime skeptic of trade with Japan—was wise and led to a positive relationship."

 

安倍氏自衛隊の能力拡大に資金を投入したほか、近隣諸国や米国、オーストラリアなど同盟国との連携強化に向け政治資本を割いた。日本との貿易に古くから懐疑的で保護貿易主義を自認するトランプ大統領に早い段階で接触したのは賢明な判断であり、良好な関係構築につながった」

 

 

"Despite some diplomatic missteps such as his handling of the dispute with South Korea over wartime abuse of Korean women, Mr. Abe’s diplomacy and commitment to the military will stand Japan in good stead as China continues its regional expansionism."

 

慰安婦問題をめぐる韓国との主張争いに対する対応など、いくつかの外交上のつまずきはあったものの、安倍氏の外交と軍事力へのコミットメントは、中国が域内での拡大主義を貫くなかで大いに役立つことになるだろう」

 

 

"Japan’s ruling Liberal Democratic Party will select Mr. Abe’s successor. Plenty of work remains to be done to reinvigorate Japan’s economy and prepare the country and its voters to play a more active role in world affairs. Mr. Abe leaves a foundation on which that successor can build."

 

「与党自民党安倍氏の後任をこれから選出する。日本経済を再び活性化させ、世界情勢の中で日本がより積極的な役割を果たせるよう国と有権者を促すには、成すべきことが多く残っている。安倍氏は後継者にそのための基盤を残している」

 

 

 

税制などの改革や経済立て直しに向けた「3本の矢」が道半ばになってしまったことなども指摘されたが、WSJは全体的に安倍首相の政策について好意的に捉えている。

 

 

 

また以下のロイターのまとめには各国首脳・政府関係者の反応がまとめられている。

International reaction to resignation of Japan's PM Abe - Reuters

 

 

🇺🇸米国トランプ大統領🇺🇸

 

"I want to pay my highest respect to Prime Minister Shinzo Abe ... a great friend of mine,"

"I just feel very badly about it." 

 

「偉大な友、安倍晋三首相に最高の敬意を表したい」「辞任は非常に悔やまれる」

 

 

🇨🇳中国外務省 趙立堅 報道官🇨🇳

 

"In recent years, the relationship between China and Japan has returned to the right track and achieved new developments ... We express a positive assessment of the important efforts made by Prime Minister Abe to achieve these ends and at the same time wish him a speedy recovery."

 

「近年、日中関係は正しい軌道に戻り、新たな発展を遂げた...これらの目的を果たすために安倍首相が行った重要な取り組みを前向きに評価すると同時に、体調面の早急な回復を願いたい」

 

 

🇬🇧英国ジョンソン首相🇬🇧

 

"@AbeShinzo has achieved great things as PM of Japan - for his country and the world,"

"Under his stewardship the UK-Japan relationship has gone from strength to strength in trade, defence and our cultural links. Thank you for all your years of service and I wish you good health."

 

安倍晋三氏は日本の首相として、日本のため、そして世界のために偉大なことを成し遂げた」「安倍政権下において、日英関係は貿易、防衛、文化面で一層強化された。長年の務めに感謝するとともに、ご健康を祈念したい」

 

 

🇩🇪ドイツ メルケル首相🇩🇪

 

"I regret his resignation and wish him all the very best, Merkel told reporters. "We worked very well together."

 

「安倍首相の辞任を残念に感じるとともに、ご多幸をお祈りしたい」「安倍首相とは非常に良い関係の中で仕事を共にした」

 

 

🇷🇺ロシア大統領府 ペスコフ報道官🇷🇺

 

The Kremlin regrets that Prime Minister Shinzo Abe has decided to step down, spokesman Dmitry Peskov said, describing the working relations between Abe and President Vladimir Putin as "brilliant".

 

「ロシア大統領府は、安倍首相が辞任を決意したことを残念に思う。プーチン大統領は安倍首相と『素晴らしい』関係を築いた」

 

 

🇦🇺オーストラリア モリソン首相🇦🇺

 

"Prime Minister Abe is a man of integrity and wisdom. He has been the senior statesman in our region and across the globe, a strong promoter of open trade and an outstanding international diplomat for Japan. He has advocated for the region's prosperity and stability, bringing his leadership as an experienced statesman of the first order.

"Prime Minister Abe steps down as a regional leader having made unprecedented contributions, particularly as we respond to the health and economic impacts of COVID-19."

 

「安倍首相は、誠実で良識ある人だ。われわれの地域、また世界において高位の政治家であり続け、開かれた貿易の強力な推進者、また日本にとって卓越した国際的外交官でもある。地域の繁栄と安定を支持し、第一級の経験豊富な政治家としてリーダーシップを発揮した」

「われわれが新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による健康・経済面の影響に対応するなか、安倍首相は地域のリーダーとして、かつてないほどの貢献を行った」

 

 

🇳🇿ニュージーランド アーダーン首相🇳🇿

 

"Prime Minister Abe struck me as a person of great integrity. He has led by example and showed what hard work, passion, and care for others can achieve," 

 

「私は安倍首相の極めて誠実な人柄に心を打たれた。安倍首相は模範を示しながら指導を行い、多大な努力や情熱、他者への気遣いが果たす役割を示してくれた」

 

 

🇹🇼台湾 蔡英文総統🇹🇼

 

“Prime Minister Abe was always friendly to Taiwan, whether on policy or the rights and interests of Taiwan’s people – he was extremely positive. We value his friendly feelings towards Taiwan and hope he is healthy.”

 

「安倍首相は台湾に常に友好的で、政策や台湾市民の権利・利益に関して極めて前向きだった。安倍首相の台湾に対する友好的な感情を評価し、健康を祈る」

 

 

さらにTwitterのタイムラインも熱い。

 

 

🇨🇦カナダ トルドー首相🇨🇦

 

 

"I’m thankful for all the progress we’ve made together, @AbeShinzo - your vision, your leadership, and your friendship have brought our two countries closer. For that and for all the years you’ve dedicated to building a better world, thank you. Wishing you good health, my friend."

 

「共に築き上げた前進に感謝している。安倍首相、あなたのビジョン、リーダーシップ、そしてフレンドシップは日本とカナダの距離を縮めた。それに加え、より良い世界の構築に向けあなたが長きにわたり捧げた年月に感謝したい。友よ、健康を祈る」

 

 

🇮🇳インド モディ首相🇮🇳

 

 

"Pained to hear about your ill health, my dear friend @AbeShinzo. In recent years, with your wise leadership and personal commitment, the India-Japan partnership has become deeper and stronger than ever before. I wish and pray for your speedy recovery."

 

「我が親友、安倍総理よ、あなたが体調を崩したと聞いて心が痛い。あなたのリーダーシップ、個人的コミットメントにより、日印関係はここ数年でこれまで以上に深く強固なものになった。早く回復されることを祈っている」

 

 

🇪🇺EU フォンデアライエン委員長🇪🇺

 

 

"Thank you @AbeShinzo for your dedication & contribution to enhancing EU-Japan relations. Under your leadership, our partnership has never been stronger or more crucial. I wish you good health."

 

「日EU関係の強化に向けた安倍首相の献身・貢献に感謝している。あなたのリーダーシップの下、われわれのパートナーシップはかつてないほど強く重要なものになった。健康を祈る」

 

 

🇺🇳WHO テドロス事務局長🇺🇳

 

 

"My deep respect and best wishes for Prime Minister @AbeShinzo. You have been a great champion of #HealthForAll, and a true friend to @WHO. I wish you the very best for your treatment."

 

「安倍首相に深い敬意と今後のご多幸を。あなたはHealth For Allの目標の大きな支持者であり、WHOにとって真の友人だ。今後の治療が成功することを祈っている」

 

 

 

ざっとこんな感じだが、挙げ出したら本当にきりがなかった。

 

 

コロナの対応や国民からの批判にさらされ疲弊する姿を見るたび、総理大臣のやりがいとは何なのか考えていた。

 

 

忙しさと給料の対価でみれば投資銀行や戦略コンサルで働く方がずっと儲かるし、何より不特定多数の批判にさらされることも、自分の判断で国民が命を失うこともない。

 

 

ナルトの綱手じゃないが、総理大臣(火影)なんてばか以外やるものではないのかも、とか思ってたりもした。

 

 

しかし、こうして世界を率いる名だたる指導者たちから功績を称えられるだけでなく、体調を気遣われ、挙句、友とまで呼ばれる。自分が安倍さんの立場ならスクショして一生部屋に飾りたい。

 

 

 

もちろんこれらには儀礼的なものも含まれているということも理解している。

 

 

7年も首相を務めていれば、それなりに交友関係も広がる。

 

 

外交政策が必ずしも優れたものだったのかといえば、そんな保証はどこにもないかもしれない。

 

 

しかし、これらの言葉を受け取ったということはれっきとした事実であり、これまでの外交努力の結果と言える。

 

 

安倍首相がトランプとゴルフしている様子はイメージできても菅さんがトランプとゴルフしている様子はイメージしにくい。

 

 

次に首相になる人物は、これらの各国指導者の言葉が日本に期待するものを継いでいくことになる。それが重いのか軽いのかはなった人にしかわからないでしょう。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

記事を気に入っていただけたら、励みになりますので、以下のバナーもクリックいただけると大変嬉しいです。(サイドバーにも貼ってあります)


海外ニュースランキング

 

Twitterもやってますので、よければこちらもどうぞ ↓↓

かるな (@unsocial_hours) | Twitter

 

f:id:Unsocial_Hours:20200830200208j:image

 

 

進次郎はSexyか?

 

個人的に小泉進次郎環境大臣の口から飛び出した「セクシー」発言のくだりは、未だにどうも腑に落ちない。

 

 

ニューヨークで開かれた国連の気候変動サミットで、「気候変動のような大きな問題は楽しく、クールで、セクシーに取り組むべきだ」と述べたことが海外メディアに報じられ、日本でも大きな話題を呼んだ。

 

 

これについて、FNNがこのセクシー発言が飛び出した前後の流れを以下の記事で紹介してくれていた。

小泉大臣「セクシー発言」ナゼ炎上?説明は野暮?記者とのやりとりの全容を検証

 

 

進次郎氏曰く、横にいたフィゲレス前事務局長が以前「環境問題に取り組むことはセクシーなこと」と言ってたからそれになぞらえて自分もセクシーやと思う、とそう言ったわけだ。

 

 

正直ここはまあどうでもいい。個人的におかしいと思うのが(またおそらく多くの人もそうかもしれないが)、その後の記者とのやり取りだ。

 

 

日本人記者からセクシーという言葉の真意を問われ、

 

 

「それをどういう意味かと説明すること自体がセクシーじゃないよね」

 

 

と切り返した。さらに追求されると、それは自らを温かく支えてくれたフィゲレス前事務局長が言ったことだから、その真意を聞くこと自体、野暮だと語られた。

 

 

この受け答えが個人的に許せない。

 

 

まず第一にセクシーという言葉自体、聞き慣れないから説明してくれというのは至極真っ当ななことだ。

 

 

また進次郎氏は「英語でなら意味わかるよね?」的な返しも記者にしている。

 

 

ええ、分かりますとも。Sexyという単語は性的な魅力を示す以外にも単に魅力的、イカしてる、オシャレ、的な意味もあり、政治の場でも使われないこともない。

 

 

つまりフィゲレス氏は、気候変動問題に取り組むことは魅力的でイカすこと☆と過去に言っており、自分(進次郎)もそう思う、気候変動問題に取り組むことは魅力的であり、オシャレに取り組むべき☆と発言したことになる。

 

 

では環境問題にオシャレに取り組むというのは、何かそう感じさせるようなオシャレな方法とか具体案とかが今考えられているのか?というのが記者の質問の真意だろう。

 

 

そもそも質問した記者はより明示的に「またどういった意味で楽しくクールでセクシーな対策であるべきか、お聞かせください」と質問している。

 

 

これについて、セクシーと英語で聞いたら意味分かるやろ?そもそも意味を聞くこと自体、野暮やわ、と述べて具体策の明言を避けるのは、フィゲレス氏がセクシーという言葉でどういう具体策を考えてるかよく理解してないが、とりあえずセクシーという言葉だけ拝借した、と思われて然るべき発言だろう。つまり何も具体策はないわけだ。

 

 

また、仮に地元有権者のじじばばから、このセクシーという言葉はどういう意味ですか?と尋ねられたとしても、いや英語で考えたら分かるやろ?そんな野暮なこと聞くなや、と言えるのかどうか進次郎氏に是非とも尋ねてみたい。

 

 

なぜ今更、この進次郎氏のセクシー発言について振り返っているかというと、Financial Timesが進次郎氏に先日独占インタビューしたらしく、そのインタビュー記事の冒頭でこの件について触れられていたからだ。

Financial Times

 

 

"To English-speaking ears, the remarks sounded innocuous, even dull — just another politician trying to make the overwhelming challenge of global warming a little less daunting. In Japan, however, it was front-page news."

 

「英語話者にとって、進次郎氏の発言は差し障りないもので、とある政治家が地球温暖化という圧倒的課題を少しでも前向きなものにしようとしているというだけで、味気ない言葉にさえ感じられた。しかし、日本では進次郎氏の言葉は1面を飾るニュースとなった」

 

 

進次郎氏のセクシー発言は、幸いにもFTの記者にはそこまで問題発言には映らなかったようだ。

 

 

また記事の中で進次郎氏は、将来の首相候補として広くみなされている、とも綴られている。

 

 

記事はプラスチック袋やペットボトルリサイクルに関して日本の先進性を自信気に語る進次郎氏の発言を前半取り上げた一方、後半には今後の課題として、福島原発の後処理をめぐるやりとりが綴られた。

 

 

福島原発の状況について、放射線レベルの低さを強調した進次郎氏は、記者から汚染水問題について尋ねられると、

 

 

“Reactors in the UK and around the world and in Japan all release tritiated [radioactive] water”  “So if you were to raise that for Fukushima, you absolutely have to face the fact that reactors are already releasing such water.” 

 

「英国や日本などの世界中の原子炉全てが放射能汚染水を排出している」「福島原発の汚染水問題を取り上げるなら、原子炉というものがそもそも汚染水を排出しているという事実に間違いなく向き合わなければならない」

 

 

この進次郎氏の受け答えに対し、インタビューを行った記者は、進次郎氏の説得能力をもってしても汚染水問題について言い逃れするのは難しかったのかもしれないと綴っている。

 

 

こういう質問こそ、まさに楽しく、クールかつセクシーに答えて欲しかった。

 

 

ここまで進次郎氏に対してかなり辛辣な書き振りを行っていることからお分かりかもしれないが、個人的には進次郎氏はあまり好きじゃない。

 

 

セクシー問題をめぐる記者とのやりとりに表れているように、進次郎氏は記者などとのやり取りで、上から目線な発言を行うそぶりがどことなく多いからだ。

 

 

大臣として育休を取ったことなども表面的には先進的なことをしてるように映るかもしれないが、ある意味、身分をわきまえず調子に乗っている、と捉えることも十分可能だろう。

 

 

もちろんそれ自体が悪いと言っているわけではない。ただ政治家として比較的歴が浅い議員が表立ってやることではないと思う(麻生さんとかにむしろやってほしい)

 

 

国民からは支持されるかもしれないが、ベテラン議員からしたら、元首相の息子で有名司会者と結婚したばかりの若造が調子に乗っているようにしか見えないだろう。

 

 

空気が読めてない(あえて読んでいない?)ことに加え、全体的に謙虚さみたいなものが感じられない。

 

 

国民にとってのウケはいいかもしれないが、政界でやっていく上で、またマスコミなどと関係を築いていく上でもあまり良いことではないように思う。

 

 

ただFTの記事が指摘するように、進次郎氏が若き首相候補の一人であるのもまた事実なので、当面はそのきらびやかな過去の経歴が示すようなお手並を拝見したい。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

記事を気に入っていただけたら、励みになりますので、以下のバナーもクリックいただけると大変嬉しいです。(サイドバーにも貼ってあります)


海外ニュースランキング

 

Twitterもやってますので、よければこちらもどうぞ ↓↓

かるな (@unsocial_hours) | Twitter

 

f:id:Unsocial_Hours:20200822203744j:image

 

 

Welcome to the New Trade

 

 

今日のニュース、コラムシリーズを何回かやってみて思ったのが、過去の記事を振り返るときに、タイトルを「今日のニュース or コラム」にすると何書いたかがぱっと見わからない、、、

 

 

このブログは大半が政治・経済ネタで正直興味ない人が多いと思ったので、タイトルからは内容がわからないようにしようと思ってそうしてみたわけなんですが、とりあえず折衷案として記事の内容がある程度想像できて、かつあんまり固い感じにならないようなタイトルに今後はしていきたいと思います(まあ大事なのは記事の中身だとは思ってます)

 

 

そして今日は貿易ネタ。

 

 

11月の米国の大統領選が近づくにつれて、またトランプの敗北可能性が強まるにつれて、ポスト・トランプ(またはバイデン新時代)の世界の在り方を論じる記事が増えてきた。

 

 

そんななか本日取り上げたいコラムはこちら。

 

 

"Globalisation need not mean deregulation"

― グローバリゼーションは必ずしも規制緩和を意味するわけではない

Financial Times

 

 

要約すると、仮に大統領選にバイデンが勝って、これまで自己中だった米国がまたルールに基づく貿易秩序・体制を大事にするようになったとしても、今度はそのルールをめぐる争いが激化しますよ、というもの。

 

 

ここでは、貿易体制をめぐる争いを行う主なプレイヤーとして米国、EU、中国が挙げられた。

 

 

"Welcome to the new trade policy: trade promotion, but in the service of extending the regulatory reach of the three blocs who set the rules — the US, the EU and China."

 

「貿易振興という新たな貿易政策を迎え入れる時が来たものの、それは規制を定める3つの勢力圏、米国、EU、中国による規制範囲拡大の流れに従うこととなる」

 

 

米国はNAFTAEUはメルコスール(南米南部共同市場)とのFTA、中国は一帯一路、とそれぞれ独自の貿易ルール、貿易圏を形成しようとしており、これらの勢力圏争いが今後さらに活発化すると綴られた。

 

 

90年代までのグローバル化はどこの国に生産体制を拡充するかが大事だったが、今はどこのルールに従うかが重要になるということらしい。

 

 

日本もTPPやら英国とのFTA締結やら進めているし、そういわれればそうなのかもしれない。

 

 

ある程度の国々に生産体制は確立できたから、今度はそれらの生産物をいかに関税やら非関税貿易障壁やらをかいくぐらせて効率的にやりとりするか、そういうのを意識するようになってきたのかもしれない。

 

 

まあ、ものは言いようやろと思いほかのコラムをあさっていたら、たまたま本日のウォールストリートジャーナルにライトハイザー米通商代表の寄稿を見つけた。

 

 

”How to Set World Trade Straight”

―世界貿易の正し方

How to Set World Trade Straight - WSJ

 

 

けっこう長ったらしく書いてあったが、とりあえず今のWTOの在り方に不満があるらしい。

 

 

特に紛争解決メカニズムに不満があるようで、現在のWTOでは何らかの貿易上の紛争が申し立てられた際、二審制の紛争解決メカニズムによって処理されるらしいが、米国はこの二審制の部分が気に入らないらしい。

 

 

ライトハイザー曰く、当初は二次的な役割しか果たしていなかった上級委員会(Appellate Body)が日に日に権力を強め、1審での判決をこの上級委員会がことごとく覆し、WTOのルールを歪め、紛争解決を長期化させているとのこと。

(似たような問題がこちらの記事でも指摘されていました→

機能不全のWTO紛争解決機関、改革が急務に | 日経リサーチ グローバル・マーケティング・キャンパス

 

 

ちょっと小難しい内容だが、とりあえず今のWTOは機能してないから改善しようや、ということ。

 

 

具体的には、加盟国共通の税率の設定、二国間FTAの拡大の代わりとなる最恵国待遇に基づいた体制の拡充、経済大国への特別措置廃止、中国による違法行為の抑止などが掲げられた。

 

 

それができないならWTOとかやめて、各々で都合の良い二国間FTAを増やしていけばいいんじゃない?でもそれはほんとに最終手段で米国はWTOを機能させるために頑張りたいよ。と最後にライトハイザーは綴った。

 

 

WTOは現在、次期事務局長の選出に向けた争いを続けているが、これもある意味、米国による貿易体制の拡大に向けたアプローチの一つと捉えれば、冒頭のFTのコラムの主張もあながち的を射ているのかもしれない。

 

 

韓国と中国がWTOの事務局長争いに熱心な姿勢を示すなか、日本は候補者を擁立しなかった。(辞退させた)

 

 

日本は貿易面に関しては、米・EU・中国の3者とも比較的良好な関係を築けているため、今後も3者からいいとこ取りができるといいですね。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

記事を気に入っていただけたら、励みになりますので、以下のバナーもクリックいただけると大変嬉しいです。(サイドバーにも貼ってあります)


海外ニュースランキング

 

Twitterもやってますので、よければこちらもどうぞ ↓↓

かるな (@unsocial_hours) | Twitter

 

 

f:id:Unsocial_Hours:20200821203317j:plain

 

今日のコラム

 

今日のニュースをやるなら今日のコラムもやろうと思い始めました。

 

 

正直、普通の事実関係のみの単調なニュースを読んでアウトプットするより、複雑な表現とかが比較的多いコラムをアウトプットする方が自分の英語力のためにもなるかなと思い、今後は少しコラムを優先してきたいと思います。

 

 

しかも普通のニュースだとヤフーニュースとかで先に拾われたりしてて、あえてブログで取り上げる必要がないことに今更ながら気づきました、、、

 

 

 

というわけで今日のコラム。

 

https://www.google.co.jp/amp/s/www.washingtonpost.com/opinions/jared-kushner-israel-uae-peace-deal-trump-middle-east/2020/08/15/e0511dfc-df2e-11ea-8051-d5f887d73381_story.html%253foutputType=amp

 

 

ジャレッド・クシュナー米大統領上級顧問(トランプの娘婿)によるワシントンポストへの寄稿。

 

 

タイトルは「イスラエルUAE間の歴史的合意はトランプ大統領の戦略が上手くいっている証拠 」

 

 

タイトルの通りで、先日発表されたイスラエルUAE間の国境正常化に向けた合意を自画自賛する寄稿。

 

 

クシュナーは中東関係の交渉を任されてるからなおさら自分の誇りのように思ってるんでしょう。

 

 

衝撃なのが以下の一文。

 

 

The agreement is a breakthrough for Muslims who wish to come in peace to pray at the al-Aqsa Mosque in Jerusalem」   

 

「今回の合意は、エルサレムのアルアクサ・モスクを無事に訪れ、祈りを捧げることを望むイスラム教徒にとって画期的出来事」

 

 

中東のアラブ人からしたら、米国が後押しするイスラエルパレスチナへの弾圧・領土拡大・入植を進めてアラブ人・イスラム教徒の聖地に踏み込んできているにもかかわらず、一体どの顔下げて物申してんねん、という内容。

 

 

もっと驚きなのが、クシュナーだけでなく掲載元のワシントンポストでさえ、このクシュナーの寄稿の下に同紙の外交担当コラムニストDavid Ignatius氏が「トランプは正しい。イスラエルUAE間の合意は大きな偉業」と題するコラムを掲載していて、これワシントンポスト的にもそういう見方なん、と衝撃を受けた。

https://www.google.co.jp/amp/s/www.washingtonpost.com/opinions/jared-kushner-israel-uae-peace-deal-trump-middle-east/2020/08/15/e0511dfc-df2e-11ea-8051-d5f887d73381_story.html%253foutputType=amp

 

 

どうやら米国的には今回の合意は応援するイスラエルアラブ諸国が仲直りできて良かったね、という意味で歓迎すべき出来事らしい。

 

 

まあたしかにアラブ側からしても、イスラエルヨルダン川西岸地区への入植行為を一時的に止めるよう取り付けたのだからメリットはあるんでしょう。

 

 

でも他のアラブ諸国からしたら、これまで憎きイスラエルに対してアラブ一丸となって戦ってきたのにまんまと米国に丸め込まれやがって、と思うのではないかと思ったら案の定アラブ諸国の盟主サウジとかは渋めの反応を示している。

 

 

今回の合意の国際政治的な意義はたしかに計り知れない。UAEは長年の宗教的な立場よりもイランの脅威への対抗という安全保障上の利益を優先させた。

 

 

これは17世紀の30年戦争の際に、フランスが地政学的な利益を求めて旧教徒側から新教徒側に寝返り、既存の国際体制の基盤ともいえるウエストファリア体制が確立されるきっかけとなった出来事と全く一緒。

 

 

でもかといって今回の合意は米国世論が示すような喜ばしい浮かれるような出来事なのだろうか。

 

 

否、自分と全く同じ問題意識を英フィナンシャル・タイムズ紙は持っていた。

 

 

Israel’s deal with UAE is a setback for wider peace」ー イスラエルUAEとの合意はより大きな平和を実現する上で妨げとなる

Financial Times

 

 

Proponents of the agreement will argue that successive peace processes failed and a new approach was needed...Yet the accord has been shaped by Israeli and US governments that have shown no interest in a fair resolution of the Palestinian-Israeli conflict

 

「この合意の支持者は従来の和平プロセスは失敗し、新たなアプローチが必要だったと主張するだろう...だが、合意はパレスチナイスラエル紛争の公正な解決に何の関心もないイスラエルと米国政府により形作られたもの」

 

 

実のところ、このFTの社説がクシュナーにぶっ刺さりしている。というのもクシュナーは先の寄稿の中で以下のように述べている。

 

 

The agreement would not have been possible without the leadership of a president who refuses to do things the same old way just because “that’s how it has always been done.”

 

「単に『今までそうしてきた』から従来と同様の古いやり方で物事にあたるということを大統領は拒んでおり、そのような大統領のリーダーシップがなければこの合意を達成することは不可能だった」

 

 

FTの指摘は、まさにクシュナー氏の主張をまんま否定するかのような形になっている。

 

 

またFTは遅かれ早かれイスラエルパレスチナへの入植活動を行うつもりとも言っており、いま入植活動を停止したとしても将来のどこかの段階で再び活動が再開される可能性を示唆している。

 

 

その意味では、個人的にはイスラエルがイランの脅威をテコにアラブ諸国と関係を回復すればするほど、パレスチナは追い詰められていくと思う。

 

 

ただそんな懸念をよそにイスラエルは他のアラブ諸国とも国交正常化に向けた協議を続けているようで、以下の記事によればスーダンとも現在協議しているらしい。

Sudan in Talks to Formalize Ties With Israel - WSJ

 

 

イスラエルへの支持はイスラム原理主義の活動の根幹的要素でもあるため、この問題について楽観的姿勢を貫くことは間接的に中東を不安定化させ、自らの首を絞めていることに米国は果たして気づいているのだろうか。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

記事を気に入っていただけたら、励みになりますので、以下のバナーもクリックいただけると大変嬉しいです。(サイドバーにも貼ってあります)


海外ニュースランキング

 

Twitterもやってますので、よければこちらもどうぞ ↓↓

かるな (@unsocial_hours) | Twitter

 

f:id:Unsocial_Hours:20200819213150j:image

カブールの夜明け

 

電車内の暇つぶしに適当に記事をあさっていたら、たまたま以下の記事を見つけた。

https://www.washingtonpost.com/opinions/2020/08/14/ashraf-ghani-afghans-their-international-partners-have-paid-costs-now-were-taking-risk-peace/

 

 

中東アフガニスタンのガニ大統領による寄稿。

 

 

腐っても一国の大統領の寄稿であるにもかかわらず、ワシントンポストの紙面上ではあまり目立っていなかった(しかも掲載日は土曜)

 

 

正直アフガン情勢に興味はなかったが、他に読みたい記事も見当たらなかったため、とりあえず暇つぶしがてら目を通してみた。案の定、中身はアフガン内戦に関するもの。

 

 

その中でやたら目を引いたのが、"We have paid the costs"(われわれは対価を支払った)という言葉。

 

 

最近アフガンではガニ大統領率いる暫定政権と、一時は政権を掌握したこともあるイスラム原理主義組織タリバンとの間の和平交渉の一環で、暫定政権側がタリバン強硬派の囚人・捕虜400人を解放することで合意した。

 

 

この囚人解放に関する合意はアフガン暫定政権内でもかなり、というか相当物議を醸した。

 

 

日本ではあまり報道されないが、今でもタリバンは暫定政権に対するテロ行為を続けており、ロケット弾や自動車爆弾などによる攻撃がほぼ毎週のように起きている。政府関係者、治安部隊、民間人への犠牲は計り知れない。

 

 

暫定政権は過去にもタリバンの囚人を解放したことがあるが、それでもタリバンとの和平交渉は進まず、タリバンによる暫定政権への攻撃はやまなかった。

 

 

今回の強硬派の解放ももちろんタリバン側が交渉のテーブルに着く上での条件として提示してきたものだが、過去の教訓を踏まえれば、暫定政権側にとって囚人の解放がいかにリスキーな選択肢か伺える。

 

 

一方でこのガニ大統領による寄稿は、今般の囚人解放の重要性を説くこと以上に、米国をはじめとする国際社会への支援要求に主眼を置いたものでもあったようで、ガニ大統領は寄稿末尾で、アフガンの和平が実現ができなければ、アフガン人だけでなく米国や国際社会にも多大な犠牲が出ると警告している。

 

 

ただこのようなガニ大統領の思いとは裏腹、ワシントンポストはあまりこの寄稿に重きを置いていないような掲載の仕方だった。

 

 

2001年の米国9.11同時多発テロに始まり、その後のアフガン侵攻、タリバンアルカイダの打倒、現在に至るまでの治安維持など、多くの米国人にとってアフガンは正直もうこりごり、というのが本音なのかもしれない。

 

 

つい最近も「トランプ政権がタリバンと歴史的な合意」というが見出しが飛び出し、タリバン側にアフガンの首都カブールを攻撃対象にしないことを取り付けたとの報道が出た数日後、カブールでタリバンによる攻撃があり「合意は死んだ」とトランプが発言していた。

 

 

正直、個人的にアフガンや中東情勢というのはどうにも混沌としすぎていて昔も今もあまり興味が持てていない。

 

 

タリバンアルカイダも正直ようわからんけどとりあえず危険、みたいなざっくりとした理解だった。おそらく日本人の多くが同じような感覚なんじゃないだろうか。

 

 

ただ今回退屈しのぎで目にしたこのガニ大統領の寄稿とそれを軽視するかのような米紙の対応を見ていたら、不思議とアフガン情勢に少し興味が湧いた。

 

 

なぜガニ大統領をはじめとする暫定政権はタリバンと戦い続けているのか。タリバンアルカイダとは何か。対立の原因きっかけは何なのか。

 

 

考え出すと次々に疑問が湧いてきたため、とりあえず備忘録の意味も込めて時系列に沿って整理してみることにした(長くなるかもしれないので興味ない人は適当に読み飛ばしてください)

 

 

 

タリバンについて

 

 

まずタリバンという組織は何なのか。そしてなぜ暫定政権と20年近くも争っているのか。

 

 

Wiki先生によると、タリバンとは「パキスタンアフガニスタンで活動するイスラム主義組織」とのこと。

ターリバーン - Wikipedia

 

 

また公安調査庁によれば、その活動目的は「駐留外国軍の撤退及びアフガニスタン政府の打倒、また『アフガニスタン・イスラム首長国』による政府の樹立」

タリバン | 国際テロリズム要覧(Web版) | 公安調査庁

 

 

アフガンから外国勢力を排除して今の政権倒して自分たちの国作りまっせ、ということらしい。

 

 

実際にタリバンは1996年には首都カブールを制圧して「アフガニスタン・イスラム首長国」の建国を宣言している。

 

 

タリバン発足のきっかけは、冷戦期に隣国ソ連共産主義政権の確立に向けアフガン侵攻(1978-1989)を行ったこと。

 

 

ソ連の脅威に対抗するためイスラム社会全体から集まった義勇兵、それがタリバンの前身だった。しかも当初はパキスタン軍の諜報機関ISIやサウジからも資金面で支援を得ていた。

 

 

西側諸国が民主主義・資本主義のイデオロギーソ連共産主義に対抗したのに対し、タリバンイスラム原理主義を掲げてソ連に挑んだというわけだ。

 

 

ソ連共産主義に立ち向かうという点では西側諸国と目的が一致しているのでは?と思い調べると、タリバンが正式に発足し、それまでの共産党政権を倒して正式に政権に就いた90年代後半あたりは米国もタリバンによる安定化に期待し、タリバンを支持していたとWikiに書いてある。今では考えられない。

 

 

これまでタリバンという組織は単なるテロ組織だと思っていたが、9.11同時多発テロの前まではアフガン政権を掌握していた政治性の高い組織だったらしい。

 

 

タリバン政権がその米国との関係を決定的に損ねるきっかけとなったのは、1998年8月にケニアタンザニアアメリカ大使館が爆破された事件。爆破には国際テロ組織アルカイダが関与したと断定された。

 

 

タリバンはこの2年ほど前の1996年ごろから、指導者ウサマ・ビン・ラディン含むアルカイダ幹部と親交を深めていき、アルカイダタリバン政権率いるアフガン内に拠点を置いていたとされている。

 

 

このような背景から1999年には国連決議でタリバン政権に対しビン・ラディンアルカイダ幹部の引渡しが求められるもタリバン政権はこれを拒否、国際社会との対立姿勢を決定づけた。

 

 

その後の2001年に米国でアルカイダによる9.11同時多発テロが起き、米国がタリバン政権にテロ容疑者のアルカイダ関係者を引き渡すよう要請するも、またもやタリバン側が拒否。これを受け、米国がタリバンアルカイダの打倒に向けアフガン侵攻に踏み切った。

 

 

さすがの米国様というべきか、侵攻から2カ月足らずでタリバンアルカイダは打倒され、2001年11月には暫定政権が樹立された。

 

 

しかし、米国により政権の座を追われたものの、タリバンの勢力は完全には払しょくされず、2003年ごろから再び勢力を拡大。

 

 

暫定政府と連携して治安回復に努めていた米国も状況の悪化からお手上げ状態となり、2014年ごろから本格的にアフガンからの撤退を余儀なくされた。

 

 

これだけみると、2001年に米国がアフガン侵攻した際、タリバンを根絶し、二度と政治の表舞台に出てこれないくらい叩きのめせばよかったんじゃないかと感じたが、タリバン政権をたたくこと自体、賛否両論があったらしい。

 

 

というのも同時多発テロを行ったのはあくまでアルカイダ(これも米国が勝手に断定)であり、タリバンは直接的にはテロに関与していない(あくまでアルカイダの引き渡しを拒否しただけ)ため、そのタリバンを再起不能に陥らせるというのはたしかに倫理的に問題があるといえばあるのかもしれない。

 

 

米国からしたらテロを行った主犯である当時のアルカイダ幹部は倒したし、米国なりの落とし前はつけたからある程度満足しており、そのあとの国内統治はアフガンさんが自力で頑張ってくださいや~というのが今の米国世論なのかもしれない。

 

 

ちなみにテロの主犯であるアルカイダは全滅したかというとそんなことはなく、いまだにタリバンとも関係を築いてるだけでなく、全世界で活動を行っている。

 

 

相手が国ではなく実態のない国際的テロリストネットワークとなると、いくら米国といえど完全に殲滅するのがやはり難しいのだろう。

 

 

しかし、既にアフガンで暫定政権が樹立されてからおよそ20年が経過しているにもかかわらず、いまだに暫定政権とタリバンの間に和平は成立していない。一体なぜなのか。

 

 

暫定政権とタリバンとの間に和平が結ばれてない原因には、いまだにアルカイダタリバンの関係が続いており、アルカイダが訓練や武器の作り方の伝授などを通じてタリバンによる暫定政権へのテロ行為を支援しているため、というのが大筋の見方らしい。

 

 

 

アルカイダについて

 

 

ここでアルカイダの概要についても少しみてみたい。

 

 

Wiki先生によると、アルカイダとは「イスラム主義を掲げるスンニ派ムスリムを主体とした国際テロ組織。ソ連・アフガン戦争中の1988年、ソ連軍への抵抗運動に参加していたウサーマ・ビン・ラーディンとその同志らによって結成された」とのこと。

アルカーイダ - Wikipedia

 

 

また公安調査庁によれば、「その活動目的は『カリフ国家』を復興すること。この目的を達成するための手段として,いわゆる『グローバル・ジハード』を主張している」とある。※カリフ→預言者ムハンマドの後継者として、全イスラム教徒を統率した教主兼国王の呼称

アルカイダ | 国際テロリズム要覧(Web版) | 公安調査庁

 

 

つまるところイスラム主義による国(イスラム国?)を作りたいということか。タリバンがあくまでアフガン統一を掲げているのに対し、国際テロ組織であるアルカイダは新しく国を立ち上げようとしている点で両者に目的の違いがみられる。

 

 

また攻撃対象はシオニストイスラエルユダヤ人の国を建てることに賛成の人たち)の中でも米国を最優先の攻撃対象としているとある。この点でもアフガン暫定政権と外国駐留軍を攻撃対象としているタリバンとは大きく異なる。

 

 

アルカイダの起源は、くしくもタリバンと同じく1978-89年のソ連のアフガン侵攻に対抗するために集まった外国人義勇兵

 

 

この外国人義勇兵を支援するために、パレスチナ人のイスラム学者アブドゥッラー・アッザームと、その大学の教え子ウサマ・ビン・ラディンサウジアラビア人)が国際組織「マクタブ・アル=ヒダマト 」(MAK)を1984年に設立。これがアルカイダの前身となった。

 

 

また米国のCIAは、ソ連のアフガン侵攻を食い止めるため、「サイクロン作戦」の名の下にこのMAKにも間接的に資金援助を行ったとの報告もある。

 

 

その後、1988年にソ連がアフガンから撤退した後、MAKは世界各地でのジハードの継続を希望し「アルカイダ」として独立。その際、アフガン内戦を優先したアブドゥッラー・アッザームは暗殺され、世界各地でのテロ作戦の実行を掲げたビンラディンの一極支配体制が確立した。

 

 

ここでも興味深いのは、アルカイダの前身組織MAKはソ連に対するジハードを掲げたのみで、今のように米国を標的としていなかった点。また発足当初のアルカイダもグローバル・ジハードを掲げるのみで、とりわけ米国を最優先攻撃対象にはしていなかった(ただイスラエルを支援していることを考えれば米国が攻撃対象になるのは時間の問題だったのかもしれない)

 

 

アルカイダが反米を大々的に掲げたのは、1991年にイラククウェートに侵攻し勃発した湾岸戦争のとき。イスラームの2大聖地であるメッカとマディーナを領有するサウジアラビアが防衛のためにアメリカ軍の国内常駐を許可したことで、アルカイダ内の反米感情が急激に高まった。

 

 

Wiki先生によれば、イスラム教を深く信奉するビンラディンは、「非イスラム教徒がアラビア半島に常駐することは預言者ムハンマドによって禁じられていると解釈しており、メッカ・マディーナという2つの聖地を抱えるサウジアラビアに異教徒のアメリカ軍が進出したことに憤慨した」とある。

ウサーマ・ビン・ラーディン - Wikipedia

 

 

その後の1996年、ビンラディンは「二聖モスクの地を占領する米国人に対するジハード宣言」を行い、米国やイスラエルに対するジハードを呼び掛けたとされる。このような流れを受け、1998年のケニアタンザニアでの米大使館爆破、2001年の9.11同時多発テロが引き起こされることとなった。

 

 

 

タリバンアルカイダのつながり

 

 

ざっくりタリバンアルカイダの概要が整理できたところで、ふと疑問に思ったのはなぜタリバンアルカイダは現在に至るような深い関係へと発展したのかということ。タリバンは目的も異なるアルカイダを匿いさえしなければ米国からの攻撃も受けずに済んだのではないか?そもそもの両者の結びつきのきっかけは何だったのか?

 

 

Wikiによれば、アルカイダは1995年までスーダンに拠点を置いていたものの、テロ活動の活発化に伴いスーダンから追い出され、1996年にアフガニスタンへ拠点を移したとある。一方で、アルカイダがアフガンに拠点を移した理由については明確な記述が見当たらない。

 

 

これについては、まずタリバン創設者のムハンマド・オマルアルカイダ創設者のビンラディンの間に個人的な面識があったらしい。両者はソ連によるアフガン侵攻の際に初めて出会ったとされている。

 

 

また英語版Wikiによれば、ビンラディンは1996年にスーダンから追い出されアフガンに拠点を移した際、アフガンからの招待があったわけでもなく一方的に向かったとされている。しかも当初、ビンラディン率いるアルカイダがアフガン以外の第三国に勝手に宣戦布告することにオマル側はいら立ちをみせていたとのこと。

Taliban - Wikipedia

 

 

しかし、ビンラディンの呼びかけで集まったアルカイダの戦闘員たちはタリバン軍と合流し、1990年代末期のタリバンによるアフガンの政権掌握に貢献、タリバン政権内の影の国家としてその存在を確立したとされる。この時点で、タリバンアルカイダはアフガン内で不可分の存在になっていたことが推察される。

 

 

米国による2001年のアフガン侵攻からおよそ20年が経過した今年6月の報道では、国連がタリバンアルカイダとの関係継続を指摘する報告書を発表していた。

タリバン、アルカイダへの関与維持 国連が報告書 (写真=ロイター) :日本経済新聞

 

 

 

ここまで見てきた内容を振り返ると、1979年のイラン革命以降強まっていたイスラム原理主義ソ連のアフガン侵攻をきっかけに過激化し、タリバンアルカイダといった組織の誕生につながっていったことが見て取れる。

 

 

タリバンにしてもアルカイダにしても根底にあるのがイスラム原理主義という宗教理念なだけに、通常の政治問題のような解決策が通用しない点が問題をさらに複雑化させている。

 

 

今回、タリバン強硬派の囚人の解放に踏み切ったアフガン暫定政権側だが、残念ながら米国による支援も今後さらに乏しくなっていくとみられている。

 

 

それを見据えているからこそ、今回ガニ大統領はワシントンポストへの寄稿で国際社会への支援を仰いだわけだが、果たしてその声は一体どの程度の人々に届き、受け止められたのだろうか。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

記事を気に入っていただけたら、励みになりますので、以下のバナーもクリックいただけると大変嬉しいです。(サイドバーにも貼ってあります)


海外ニュースランキング

 

Twitterもやってますので、よければこちらもどうぞ ↓↓

かるな (@unsocial_hours) | Twitter

 

f:id:Unsocial_Hours:20200818143149j:plain