Unsocial Hours

諜報員の日々のつぶやき

海外ドラマ以外の英語リスニング教材

 

今日は最近はまっている英語のリスニング勉強法について紹介したいと思う。

 

もともとリスニングに苦手意識があり、これまでも色々と勉強法を模索してきたが、今回は海外ドラマ視聴以外のおすすめ教材を紹介したい。

 

海外ドラマはお手軽な教材である一方、

 

・面白そうなドラマが見当たらない( or 観ても面白さが分からない)

アメリカの作品ばかり(イギリスなどの作品が少ない)

・そもそも普段からドラマを観ない

 

などの点が個人的にデメリットに感じられ、長続きしなかった。

 

やはり、自分が普段しないこと、観ないものを理解度の劣る別の言語で視聴するというのは苦痛だし、それが積み重なると「英語=苦痛」という認識が脳に生じ始め、自然と毛嫌いするようになっていた時期もあった。

 

なのでやっぱり「自分の好きなことと結び付けて勉強する」というのが長続きもするし、日常に取り入れてもストレスなく学べる方法だと改めて思う。

 

以降、最近はまっている教材を紹介していくが、個人的な趣味趣向に偏っているのであまり万人受けはしないかもしれないが、その点は許してほしい。また、最近はイギリス英語を積極的に取り入れるようにしているため、イギリス英語に偏っている点もご容赦願いたい。

 

 

<目次>

 

 

やわめ系

 

Densg08(難易度:★☆☆)

www.youtube.com

 

イギリス英語話者によるゲーム実況動画(貴重)。イギリス英語好きにはたまらない発音。プレイするゲームはファイナルファンタジーなどのRPGが多く、雰囲気もまったりしているので比較的落ち着いて視聴できる。

 

また、プレイしているゲームが自分の好きな作品ばかりだったのでそれもよかった。ただ、プレイそのものは至って普通のため、実況そのものの面白さはあまり感じない。暇つぶし程度に観ている。

 

 

Apex実況(Imperialhal)(難易度:★★★)

www.youtube.com

 

最近流行りのFPSゲーム「Apex Legends」の実況動画。中でも世界最強クラスのプレイヤー「Imperialhal」(インペリアルハル)の配信動画。Apexプレイヤーでないと何の面白さも感じられないと思うが、先ほどのRPG実況と違い、3人1組で常に会話し続けるため、会話量が多い(ガチガチのアメリカ英語)。

 

また、敵に襲われたり、パニックになったときはネイティブ同士の超絶早口の会話に発展し、その難易度はおそらくどんなリスニングテストよりも難しいと思う。正直言っていることが分からなくても、プレイを観ているだけで楽しいのが救い。ちなみにハルはパワハラ気質だが、次第にそれがクセになる。

 

ハルの動画にかかわらず、Apexは海外実況者が多いので、好きなチーム・配信者を見つけるのもいいかもしれない。またFPS、Apexでよく使われる英語のまとめサイトなども観ると理解が深まる。

【Apex Legends】海外の仲間とFPSをする僕が教えるエーペックスで使える英語集まとめ | 職人戦記~外伝~

 

 

Have I Got News for You(難易度:★★★)

www.youtube.com

 

こちらは以下の動画で紹介されていて見始めたのだが、簡単にいうと、イギリスのお笑いニュースバラエティ番組。その週の出来事を各コメンテーターが面白おかしく茶化す。日本でいうと「脱力タイムズ」「サンデージャポン」みたいな感じだろうか。

20 Best British TV Series to Learn English - Beginner to Advanced Level - YouTube

 

演技などではない生の会話なのがいいが、国内の内輪ネタも多く、ネイティブ同士のユーモアの掛け合いなのでリスニング難易度は非常に高い。これが真に理解できれば、ネイティブの集団の中に入れられてもやっていける気がする。毎年4~6月と10月~12月の2クール放送で、現在はシーズン61。1990年から続く長寿番組。

 

司会者は毎週異なるゲストが務め、クイズ形式でその週のニュースを振り返っていく。2対2のチームに分かれ、3ラウンド制でポイントを取り合うのだがクイズ要素はおまけ。イギリス人のリアルな政治観が垣間見られるのはとても新鮮。

 

 

かため系

 

The Press Preview(Skynews)(難易度:★★★)

www.youtube.com

 

イギリスの民間最大手メディア「Skynews」が毎日配信している英主要紙の紙面紹介番組。その日の主要ニュースを最速で把握できるだけでなく、英国の主要各紙の紙面を一度に確認できる。また、コメンテーターとして各紙の記者やコラムニスト、政府関係者などの専門家が呼ばれ、各ニュースについてさまざまな意見を聞くことができる。Youtubeで毎日観れるので個人的にはかなりお得に感じる。

 

 

US State Department Daily Press Briefing(難易度:★★☆)

www.youtube.com

 

国務省の定例記者会見国務省の報道官が各記者の質問に淡々と答えていく。最新の国際情勢に関する米国政府の立場を知ることができる。この記者会見の報道官の発言がそのまま速報でニュースになることもある。フォーマルな場なので報道官の話す英語は非常に明瞭で聞きやすい。また、スクリプトも会見の数日後に国務省のサイトに掲載されている。

Press Briefings - United States Department of State

 

 

まだまだ探せばあるかもしれないが、今回はこの辺にしたいと思う。上記で紹介したYoutubeの動画は字幕機能をオンにすれば完ぺきではないが字幕がつくため、スクリプトも確認可能だ。

 

冒頭でも触れたが、今回紹介したのはあくまで個人的な趣味趣向に基づくものなので、ゲームやニュースに興味がない人にはどれもつまらないかもしれないが、こんなのも教材になり得るというアイデアそのものが伝われば幸いだ。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

記事を気に入っていただけたら、励みになりますので、以下のバナーもクリックいただけると大変嬉しいです。(サイドバーにも貼ってあります)


海外ニュースランキング

 

Twitterもやってますので、よければこちらもどうぞ ↓↓

かるな (@unsocial_hours) | Twitter

f:id:Unsocial_Hours:20210909195021j:plain