Unsocial Hours

諜報員の日々のつぶやき

世界は令和おじさんをどうみているか

 

先日は安倍総理辞任に関する海外メディアの見方を取り上げてみたが、今度は時期首相の呼び声高い「令和おじさん」こと菅官房長官への評価が出始めた。

 

unsocial-hours.hatenablog.com

 

 

まずは米ウォールストリートジャーナル。こちらは日本語版から

安倍首相の退陣、日米連携の波乱要因になるか - WSJ

 

 

「安倍首相の後任レースでは、9月1日時点で、側近の菅義偉氏(官房長官)が与党自由民主党内の複数の主要派閥の支持を得て、最有力候補に浮上した。菅氏が安倍氏の政策を陰で支えてきたことは日本ではよく知られているが、菅氏には外交面の経験がほとんどない」

 

 

「菅氏は、安倍氏からの継続という点で、最も明白な選択肢になる。より難しい問題は、安倍氏が日本の親米政策を導く上で発揮してきた創造性や個人的価値観を彼が再現できるかどうかだ」

 

 

「元国務次官で、ジョー・バイデン陣営のアドバイザーを務めるニコラス・バーンズ氏は、『日本が米国から離れていくことを懸念する必要はないと思う。われわれが懸念しなければならないのは、日本が非常に強力で有能な米国の同盟国であり続けるかどうかだ』と述べる」

 

 

続いて米ワシントンポスト

 

 

「日本の修理屋・菅義偉安倍晋三の後を継ぎ指導者へ」

Japan?s ?Mr. Fixit,? Yoshihide Suga, set to succeed Shinzo Abe as leader - The Washington Post

 

 

"Suga, who has a reputation as a skilled backroom operator but a less-than-charismatic public figure, appeared set to defeat a challenge from Abe’s archrival, Shigeru Ishiba"

 

「有能な影の仕事人として知られる一方で公人としてのカリスマ性は低い菅氏は、安倍氏の宿敵たる石破茂氏からの挑戦を打ち破るとみられている」

 

 

"Diplomatically, Suga would also likely follow in Abe’s footsteps, simultaneously attempting to strengthen the alliance with the United States while improving relations with China. But he is not known as a foreign policy expert and lacks Abe’s stature on the world stage."

 

「外交面では、菅氏は安倍氏の足跡をたどる可能性が高く、中国との関係改善を行うと同時に日米同盟の強化を試みるだろう。しかし、菅氏が外交政策に精通しているとの見方はなく、安倍氏が世界の舞台で築き上げたような地位は持ち合わせていない」

 

 

"Suga’s more reserved nature could prove a hurdle in building a similar relationship with the U.S. president — especially if Trump wins reelection."

 

「菅氏の控え目な姿勢は、米国の大統領と従来と同様の関係を築く上で障害となる恐れがあり、特にトランプ氏が再選を果たせばなおさらだ」

 

 

"Economically, Suga would be unlikely to depart much from Abe’s strategy of using fiscal and monetary stimulus to keep Japan’s economy afloat but isn’t thought likely to be any bolder in pushing through the structural reforms needed to really put wind in the economy’s sails."

 

「経済面では、財政・金融刺激策で経済維持を図る安倍氏の戦略から大きく逸れることはないと思われるが、経済を回す上で真に必要とされる構造改革の推進においては、今以上の大胆さを発揮するとは思われていない」

 

 

 

やはり米国を代表する両紙ともに、菅さんの外交経験の乏しさや、カリスマ性の低さ、といった点が気になるようだ。

 

 

菅さんは人生を政治に捧げているといっても過言ではない鉄人だが、トランプのような狂気じみた指導者と対等な関係を築くために必要な気さくさやユーモア、大胆さのようなものは確かにあまり感じられない。

 

 

控え目、謙虚、愚直などの日本的な美徳をすべて体現するかのような菅氏の姿勢・人となりが果たして自由の国・米国でどのように受け止められるのかは未知数だ。

 

 

菅さんのような性格の人物が合理性もロジックも破綻し、常に直観と感情を優先するようなトランプ氏と馬が合うようには思えない。その意味だとより伝統的で保守的なバイデン氏の方がやりやすいようにも思える。

 

 

菅さんの今後という意味でも11月の大統領選の結果が楽しみだ。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

記事を気に入っていただけたら、励みになりますので、以下のバナーもクリックいただけると大変嬉しいです。(サイドバーにも貼ってあります)


海外ニュースランキング

 

Twitterもやってますので、よければこちらもどうぞ ↓↓

かるな (@unsocial_hours) | Twitter

 

f:id:Unsocial_Hours:20200902212142j:plain