Unsocial Hours

諜報員の日々のつぶやき

総理辞任への海外の反応が地味に熱い②

 

昨日も同じ内容の記事を投稿したばかりだが、安倍首相が金曜夕方に辞任を発表したため、各メディアが週末を挟んでようやくコラムや社説を出し始めた。 

 

unsocial-hours.hatenablog.com

 

 

 

そしてそれらがことごとく首相を絶賛・賞賛するものばかりなので、日本国民として読んでいて悪い気はしないと思ったので本日も取り上げてみることにする。

 

 

記事全文をそのまま載せたり紹介したりするのは、冗長になりやすいということもあって普段控えているものの、今回に関しては各記事ほぼ全文で首相の業績を称えているものばかりのため、少し例外ということにしたい。笑

 

 

まずは英フィナンシャル・タイムズの社説 

 

"Shinzo Abe’s legacy must not be squandered"

 

安倍晋三の遺産を無駄にしてはならない」

 

on.ft.com

 

 


"Mr Abe has reason to be proud of his legacy. He has become the longest-serving prime minister in postwar Japanese history. This is more than a personal landmark. Nearly eight years in office have given him the chance to put his stamp on Japan. By centralising power in the prime minister’s office, Mr Abe was able to compel the cautious Japanese bureaucratic state to experiment with radical new economic policies. After decades of near-stagnation, deflation and ever-rising debt, there was a clear need to try something new."

 

安倍氏には自らの遺産を誇るべき理由がある。戦後日本の歴史上、最長の首相となったことは、首相個人にとっての画期的出来事というだけではない。8年近くの在任期間を通じて安倍氏は自らの証を日本に残した。内閣に権力を集めることで慎重な日本の官僚国家を動かし、新たな抜本的経済政策を試験的に導入した。数十年間に及ぶ経済不振、デフレ、累積債務の増加を経て、新たな策を試す必要があったのは明らかだった」

 

 

"Although Mr Abe has roots in the most conservative wing of the ruling Liberal Democratic Party, he has also pushed Japan towards more liberal social attitudes. With the country’s population shrinking, the prime minister understood the need to expand the potential labour pool — by making the workplace more welcoming for women. His espousal of “womenomics” was also a blow for personal freedom. The policy has arguably been stronger on rhetoric than actual practical effect. But Japan is a very conservative place and Mr Abe has started to move things in the right direction."

 

安倍氏は与党自民党の中でも最も右寄りの派閥に属しているものの、リベラルな社会的姿勢の実現に向け日本を後押した。国の人口が減少し続けるなか、安倍氏潜在的な労働力の拡大が必要なことを理解しており、女性の働きやすい職場作りを手段に挙げた。また『ウーマノミクス』の採用は個人の自由を促進した。その政策については実務ではなく言葉上でより強い効果を発揮しているとの指摘がなされている。しかし、日本は非常に保守的な国であり、安倍氏は正しい方向に物事を動かし始めた」

 

 

"Given Mr Abe’s background in nationalist politics, his openness to social reform and his internationalist foreign policy have been surprising to some. But he has been intelligent enough to understand that in today’s Japan, a nationalist also needs to be open to radical change. The danger for Japan, in the post-Abe era, is that a period of political instability will lead to a reassertion of the power of the bureaucratic state — with all the inertia and caution that has bred in the past. The boldness that has marked the Abe years needs to continue."

 

安倍氏ナショナリスト的な政治背景を踏まえると、社会改革に前向きな姿勢や国際性豊かな外交政策は一部の人々にとって驚くべきものだった。一方で安倍氏は十分な知性を持ち合わせており、今の日本においてはナショナリストも抜本的改革に前向きでなければならないことを理解していた。ポスト安倍時代の日本にとって危険なのは、政情不安の継続で官僚国家が再び権力を振るうようになり、かつての惰性と慎重姿勢が蘇ることだ。安倍氏の在任期間を象徴した大胆さは今後も維持される必要がある」

 

ここに記載した以外にも、長年のタブーとされてきた移民の受け入れを拡大させたことや、日・EU、日・英の貿易協定、TPPなどの新たな合意を結んだことも安倍首相の功績として挙げられた。

 

 

お次は米ワシントンポストの社説

 

"Shinzo Abe’s resignation could deal a blow to Japan and U.S. interests alike"

 

安倍晋三の辞任は日米の国益に打撃を与えかねない」

 

www.washingtonpost.com

 

"SHINZO ABE, who resigned Friday as Japan’s prime minister, can claim some remarkable political accomplishments. He survived in office nearly eight years — the longest term for a prime minister in the country’s history — and accumulated authority unknown by most of his predecessors. He catalyzed a shift away from Japan’s postwar pacifism toward a more proactive defense and assertive foreign policy. And, more than most major U.S. allies, he managed to maintain good relations with President Trump."

 

「先週金曜に辞任を表明した日本の安倍首相は、いくつかの著しい政治的成果を上げたといえる。国の歴史上最長となる8年近くの就任期間を生き抜き、前任者の多くには考えられなかった権力集中を行った。安倍氏は日本の戦後平和主義から脱却し、より積極的な防衛・外国政策の実現に向けたシフトを促した。また大半の米国の主要同盟国以上に、トランプ大統領と良好な関係を維持することに成功した」

 

 

"Mr. Abe’s departure, prompted by illness, could deal a blow to U.S. interests in Asia, including efforts to check Chinese aggression and contain North Korea’s nuclear arsenal. Unstable politics produced seven prime ministers in the seven years before Mr. Abe took office, and whoever succeeds him is almost certain to be weaker. Though it seems likely that the successor will be an Abe acolyte, there’s no guarantee that Tokyo’s firmness on North Korea and willingness to join other U.S. allies in standing up to China will be sustained."

 

「病による安倍氏の離脱は、中国による侵略行為の抑制や核開発を行う北朝鮮の封じ込めなど、アジアにおける米国の国益にとって打撃となる可能性がある。安倍氏が首相の座に就く前は、政情不安により7年間で7人の首相が選出されており、今後誰が安倍氏の後を継いでもその力は間違いなく今より弱まる。後任は安倍氏の信奉者になる見通しだが、北朝鮮に対する日本の断固とした姿勢や、米国の他の同盟諸国と連携した中国への対抗姿勢が今後も維持される保証はない」

 

 

"Mr. Abe’s most enduring legacy may well be Japan’s adoption of a more muscular defense posture, enabled in part by passage of a law allowing the country’s military forces, which are constitutionally restricted to self-defense, to operate outside national borders"

 

安倍氏の遺産の中で最も持続的なものは、自衛隊の外国任務を許可する法案の可決などにより、より強固な防衛態勢を採用したことだろう」

 

 

 

"One consequence of Mr. Abe’s misplaced priorities was a failure to follow through on badly needed economic and social reforms. While the central bank chief he appointed stimulated employment with monetary measures, Mr. Abe largely failed to deliver on the most politically difficult strand of his “Abeconomics,” structural reforms to enhance competition. Mr. Abe loosened restrictions on immigration to allow more foreign workers, but his pledges to expand opportunities for women had little impact on corporate or political life, even as the country’s birthrate and population continued to decline. The challenge of tackling those stubborn problems will now fall to future prime ministers — who, at least in the short term, are unlikely to be Mr. Abe’s political equals."

 

安倍氏が課題の優先付けを誤ったことにより、切に求められている経済・社会改革は失敗に終わった。自らが抜擢した中央銀行総裁が金融政策で雇用を刺激するなか、安倍氏は『アベノミクス』の中で最も政治的に困難とされた競争力の向上に向けた構造改革におおむね失敗した。安倍氏外国人労働者の受け入れ拡大に向け移民規制を緩和した。一方で女性の機会拡大を掲げたが、企業・政治活動への影響はほとんどなかった。これらの一筋縄ではいかない問題に対処する課題は次の首相に引き継がれることになるが、政治的な能力で安倍氏に匹敵する者は少なくとも短期的には現れないだろう」

 

 

またワシントンポストからはもう1稿。先日トランプ大統領の暴露本を出して話題になったボルトン大統領補佐官の寄稿。

 

"Abe will be missed, not least because he tethered Trump somewhere close to reality"

 

「トランプ氏を現実に近い場所につなぎとめていただけに安倍氏の辞任は惜しまれる」

 

www.washingtonpost.com

 

"The resignation of Prime Minister Shinzo Abe — Japan’s most consequential leader since World War II — is a major loss for both Japan and the United States."

 

「安倍首相は第二次大戦以来、最も影響力のある日本の指導者であり、その辞任は日本と米国の双方にとって大きな損失だ」

 

 

"By preventing trade and investment controversies (inevitable between any two large, interconnected economies) from assuming disproportionate significance in Tokyo and Washington, Abe worked a kind of magic with President Trump. Other U.S. allies were not so successful, repeatedly finding themselves locked in arguments about tariffs, trade barriers and preferential treatment."

 

「日米間の貿易や投資をめぐる論争(互いに依存し合う経済大国間では避けられない)が外交的な重要性を帯びないようにすることで、安倍氏トランプ大統領と魔法のように上手く歩んだ。米国の他の同盟諸国はこのようにはいかず、関税、貿易障壁、優遇措置をめぐる論争に幾度となく囚われた」

 

 

"During the Trump administration, Abe’s disciplined diplomacy was important. He was like a heavy metal chain tethering the president somewhere proximate to reality, rather than getting lost in the Trump-Kim Jong Un rapture."

 

「トランプ政権下において、安倍氏の秩序だった外交は重要だった。安倍氏はトランプ・金正恩間の歓喜の中でも自らを見失うことなく、トランプ氏を現実に近い場所につなぎとめる重い鉄の鎖のような存在だった」

 

 

 

 

昨日のウォールストリートジャーナルの社説と合わせてみても、この8年弱で各方面で抜本的な措置を取ったことが広く評価されている。

 

 

興味深いのは防衛面の拡大に関する評価で、アジアにおいては何かと議論を呼ぶ日本の拡大論が欧米にとってはこうも好意的に評価されているという点。

 

 

おそらく中国や韓国の視点に立つと、防衛面での功績はここまで評価されていないのかもしれない。

 

 

後任に関してはワシントンポストが最も悲観的な見方を示していて、おそらく今いる候補者の顔ぶれに対する率直な意見としては日本の識者とまあまあ近いように感じる。

 

 

日頃トランプへの批判を表立ってしている同紙からすると、あのトランプと仲良くできていたのにもったいない!!!という気持ちが全面に表れているのかもしれない。

 

 

すでに菅さんが首相になったかのような邦メディアの報道のかたわら、個人的に菅さんとトランプのゴルフは絵面的にたしかに見てみたい気もする。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

記事を気に入っていただけたら、励みになりますので、以下のバナーもクリックいただけると大変嬉しいです。(サイドバーにも貼ってあります)


海外ニュースランキング

 

Twitterもやってますので、よければこちらもどうぞ ↓↓

かるな (@unsocial_hours) | Twitter

 

f:id:Unsocial_Hours:20200831164121j:image