Unsocial Hours

諜報員の日々のつぶやき

進次郎はSexyか?

 

個人的に小泉進次郎環境大臣の口から飛び出した「セクシー」発言のくだりは、未だにどうも腑に落ちない。

 

 

ニューヨークで開かれた国連の気候変動サミットで、「気候変動のような大きな問題は楽しく、クールで、セクシーに取り組むべきだ」と述べたことが海外メディアに報じられ、日本でも大きな話題を呼んだ。

 

 

これについて、FNNがこのセクシー発言が飛び出した前後の流れを以下の記事で紹介してくれていた。

小泉大臣「セクシー発言」ナゼ炎上?説明は野暮?記者とのやりとりの全容を検証

 

 

進次郎氏曰く、横にいたフィゲレス前事務局長が以前「環境問題に取り組むことはセクシーなこと」と言ってたからそれになぞらえて自分もセクシーやと思う、とそう言ったわけだ。

 

 

正直ここはまあどうでもいい。個人的におかしいと思うのが(またおそらく多くの人もそうかもしれないが)、その後の記者とのやり取りだ。

 

 

日本人記者からセクシーという言葉の真意を問われ、

 

 

「それをどういう意味かと説明すること自体がセクシーじゃないよね」

 

 

と切り返した。さらに追求されると、それは自らを温かく支えてくれたフィゲレス前事務局長が言ったことだから、その真意を聞くこと自体、野暮だと語られた。

 

 

この受け答えが個人的に許せない。

 

 

まず第一にセクシーという言葉自体、聞き慣れないから説明してくれというのは至極真っ当ななことだ。

 

 

また進次郎氏は「英語でなら意味わかるよね?」的な返しも記者にしている。

 

 

ええ、分かりますとも。Sexyという単語は性的な魅力を示す以外にも単に魅力的、イカしてる、オシャレ、的な意味もあり、政治の場でも使われないこともない。

 

 

つまりフィゲレス氏は、気候変動問題に取り組むことは魅力的でイカすこと☆と過去に言っており、自分(進次郎)もそう思う、気候変動問題に取り組むことは魅力的であり、オシャレに取り組むべき☆と発言したことになる。

 

 

では環境問題にオシャレに取り組むというのは、何かそう感じさせるようなオシャレな方法とか具体案とかが今考えられているのか?というのが記者の質問の真意だろう。

 

 

そもそも質問した記者はより明示的に「またどういった意味で楽しくクールでセクシーな対策であるべきか、お聞かせください」と質問している。

 

 

これについて、セクシーと英語で聞いたら意味分かるやろ?そもそも意味を聞くこと自体、野暮やわ、と述べて具体策の明言を避けるのは、フィゲレス氏がセクシーという言葉でどういう具体策を考えてるかよく理解してないが、とりあえずセクシーという言葉だけ拝借した、と思われて然るべき発言だろう。つまり何も具体策はないわけだ。

 

 

また、仮に地元有権者のじじばばから、このセクシーという言葉はどういう意味ですか?と尋ねられたとしても、いや英語で考えたら分かるやろ?そんな野暮なこと聞くなや、と言えるのかどうか進次郎氏に是非とも尋ねてみたい。

 

 

なぜ今更、この進次郎氏のセクシー発言について振り返っているかというと、Financial Timesが進次郎氏に先日独占インタビューしたらしく、そのインタビュー記事の冒頭でこの件について触れられていたからだ。

Financial Times

 

 

"To English-speaking ears, the remarks sounded innocuous, even dull — just another politician trying to make the overwhelming challenge of global warming a little less daunting. In Japan, however, it was front-page news."

 

「英語話者にとって、進次郎氏の発言は差し障りないもので、とある政治家が地球温暖化という圧倒的課題を少しでも前向きなものにしようとしているというだけで、味気ない言葉にさえ感じられた。しかし、日本では進次郎氏の言葉は1面を飾るニュースとなった」

 

 

進次郎氏のセクシー発言は、幸いにもFTの記者にはそこまで問題発言には映らなかったようだ。

 

 

また記事の中で進次郎氏は、将来の首相候補として広くみなされている、とも綴られている。

 

 

記事はプラスチック袋やペットボトルリサイクルに関して日本の先進性を自信気に語る進次郎氏の発言を前半取り上げた一方、後半には今後の課題として、福島原発の後処理をめぐるやりとりが綴られた。

 

 

福島原発の状況について、放射線レベルの低さを強調した進次郎氏は、記者から汚染水問題について尋ねられると、

 

 

“Reactors in the UK and around the world and in Japan all release tritiated [radioactive] water”  “So if you were to raise that for Fukushima, you absolutely have to face the fact that reactors are already releasing such water.” 

 

「英国や日本などの世界中の原子炉全てが放射能汚染水を排出している」「福島原発の汚染水問題を取り上げるなら、原子炉というものがそもそも汚染水を排出しているという事実に間違いなく向き合わなければならない」

 

 

この進次郎氏の受け答えに対し、インタビューを行った記者は、進次郎氏の説得能力をもってしても汚染水問題について言い逃れするのは難しかったのかもしれないと綴っている。

 

 

こういう質問こそ、まさに楽しく、クールかつセクシーに答えて欲しかった。

 

 

ここまで進次郎氏に対してかなり辛辣な書き振りを行っていることからお分かりかもしれないが、個人的には進次郎氏はあまり好きじゃない。

 

 

セクシー問題をめぐる記者とのやりとりに表れているように、進次郎氏は記者などとのやり取りで、上から目線な発言を行うそぶりがどことなく多いからだ。

 

 

大臣として育休を取ったことなども表面的には先進的なことをしてるように映るかもしれないが、ある意味、身分をわきまえず調子に乗っている、と捉えることも十分可能だろう。

 

 

もちろんそれ自体が悪いと言っているわけではない。ただ政治家として比較的歴が浅い議員が表立ってやることではないと思う(麻生さんとかにむしろやってほしい)

 

 

国民からは支持されるかもしれないが、ベテラン議員からしたら、元首相の息子で有名司会者と結婚したばかりの若造が調子に乗っているようにしか見えないだろう。

 

 

空気が読めてない(あえて読んでいない?)ことに加え、全体的に謙虚さみたいなものが感じられない。

 

 

国民にとってのウケはいいかもしれないが、政界でやっていく上で、またマスコミなどと関係を築いていく上でもあまり良いことではないように思う。

 

 

ただFTの記事が指摘するように、進次郎氏が若き首相候補の一人であるのもまた事実なので、当面はそのきらびやかな過去の経歴が示すようなお手並を拝見したい。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

記事を気に入っていただけたら、励みになりますので、以下のバナーもクリックいただけると大変嬉しいです。(サイドバーにも貼ってあります)


海外ニュースランキング

 

Twitterもやってますので、よければこちらもどうぞ ↓↓

かるな (@unsocial_hours) | Twitter

 

f:id:Unsocial_Hours:20200822203744j:image