Unsocial Hours

諜報員の日々のつぶやき

Washington Post

世界は令和おじさんをどうみているか

先日は安倍総理辞任に関する海外メディアの見方を取り上げてみたが、今度は時期首相の呼び声高い「令和おじさん」こと菅官房長官への評価が出始めた。 unsocial-hours.hatenablog.com まずは米ウォールストリートジャーナル。こちらは日本語版から 安倍首相…

今日のコラム

今日のニュースをやるなら今日のコラムもやろうと思い始めました。 正直、普通の事実関係のみの単調なニュースを読んでアウトプットするより、複雑な表現とかが比較的多いコラムをアウトプットする方が自分の英語力のためにもなるかなと思い、今後は少しコラ…

カブールの夜明け

電車内の暇つぶしに適当に記事をあさっていたら、たまたま以下の記事を見つけた。 https://www.washingtonpost.com/opinions/2020/08/14/ashraf-ghani-afghans-their-international-partners-have-paid-costs-now-were-taking-risk-peace/ 中東アフガニスタ…

中国外務省がブーメランすぎて辛い

お疲れ様です、かるなです。 中国外交部 駐香港特派員の謝锋(Xie Feng)氏が12日のウォールストリートジャーナルに寄稿した。タイトルは「中国は世界のコロナとの闘いを支援したい」(China Wants to Help the World Fight Coronavirus) 謝氏は寄稿の前半…

【急募】コロナ感染ボランティア

お疲れ様です、かるなです。 昨日のフィナンシャルタイムズ紙で気になるコラムがあった。そのコラムによれば、米国の研究者らがワクチン開発促進に向け、新型コロナ感染ボランティアを募集するウェブサイトを立ち上げ、世界中からボランティアを募集している…

新しい地政学

お疲れ様です、かるなです。 少しいつもより時間が空いてしまいましたが、実は連休中、こちらの本を読んでいました。 str.toyokeizai.net この本は、気鋭の日本の国際政治学者たちが、冷戦後の「新しい地政学」について論じた最新の概説書(先月発売) 何が…

テドロスはお気楽な立場だよ

お疲れ様です、かるなです。 最近、米国内での中国叩きが以前にも増して激しい。 1日のワシントンポストは社説で、中国のコロナ関連の情報操作を批判しつつ、中国による欧州への圧力が強まっている事実を指摘した。 https://www.washingtonpost.com/opinions…

漂白剤を食べればコロナは治るのか?

お疲れ様です、かるなです。 ここ数日、「漂白剤」「消毒剤」という言葉がツイッター上でバズっている。 「消毒剤」「漂白剤」がコロナ関連ツイートでトップ-米大統領発言後 - Bloomberg きっかけは、米国・トランプ大統領の23日の記者会見での発言。 この…

【悲報】最有力コロナ治療薬、治験失敗

お疲れ様です、かるなです。 本日の英フィナンシャル・タイムズ紙によると、これまで新型コロナ治療薬候補の中で最有力とされていた米ギリアド・サイエンシズ社の「レムデシビル」が、初期段階の臨床試験(治験)に失敗したことが明らかになった。 Financial…

アメリカ・ファーストの底力

お疲れ様です、かるなです。 最近、一部の国々の間で、発送したはずのマスクや防護服などの品物が自国ではなく「別の場所」に届く事例が報告されているらしい。 本日の英フィナンシャル・タイムズ紙は社説で、コロナ危機による保護主義の強まりを示す一例と…

新型内蔵機能障害

お疲れ様です、かるなです。 これまで別名「新型肺炎」と称されてきた新型コロナウイルスによる疾患だが、どうやら名前の見直しが必要かもしれない。 米ワシントンポストによると、コロナ患者の多くが、肺だけでなく心臓、腎臓、神経、血管、腸、肝臓などの…

大統領失踪、「マスクつけるな、手洗うな」

お疲れ様です、かるなです。 中南米でもコロナが拡大するなか、ニカラグアでは「大統領失踪」との声がささやかれ始めている。 https://www.washingtonpost.com/world/the_americas/coronavirus-nicaragua-daniel-ortega-missing/2020/04/11/3ad1fafc-79c3-11…

国民の声

お疲れ様です、かるなです。 米ホワイトハウスは10日、公式HP上で、米国政府が運営する放送局「ボイス・オブ・アメリカ(Voice of America, VOA)」は米国民ではなく敵国を代弁していると激しく批判した。 Amid a Pandemic, Voice of America Spends Your Mo…

人工呼吸器を付けられた患者の末路

お疲れ様です、かるなです。 コロナ危機を受け、治療のための人工呼吸器不足が各国で叫ばれているが、人工呼吸器を装着すること自体に相応のリスクがあると訴える声が上がってきている。 米ウォールストリートジャーナルは、コロナに感染し、人工呼吸器を装…

在宅勤務者が職場にハンコをもらいに行く国

お疲れ様です、かるなです。 ついに安倍総理が緊急事態宣言を出しましたが、海外の反応は案の定厳しい。 英フィナンシャル・タイムズ紙は以下のように報じた。 Financial Times 「完全なロックダウンなしにコロナ抑制できるかどうかは賭け」 「今回の緊急事…

ノブレスオブリージュの精神

お疲れ様です、かるなです。 ハンガリー議会は30日、新型コロナ対策強化に向け、「独裁指導者」で有名なオルバン首相の首相権限を無期限に拡大する法案を可決した。 https://www.washingtonpost.com/world/hungarian-parliament-hands-orban-power-to-rule-u…

「質」の日本 vs「量」の韓国

お疲れ様です、かるなです。 本日の米ワシントンポスト紙に「米国は、コロナ対策で日本と韓国をどちらを見習うべきか?」という記事が出ていた。 https://www.washingtonpost.com/world/asia_pacific/japan-targets-coronavirus-testing-while-south-korea-g…

北欧の日本

お疲れ様です、かるなです。 世界がコロナで苦しむなかで、花見に行ったり、外出を控えなかったり、日本人はコロナの脅威を真剣に捉えていない!との批判が今週だけで多く寄せられた。 米ニューヨークタイムズ紙の東京支局長は、先日の安倍総理の会見につい…

テドロス事務局長、ワシントンポストで世界に懇願

お疲れ様です、かるなです。 WHOのテドロス事務局長とマーク・ローコック人道問題担当国連事務次長が昨日、米ワシントンポスト紙に寄稿を投稿した。タイトルは「コロナにもそれに対する人類の対応にも国境という境は存在しない」("Covid-19 knows no border…

日本の和歌山、世界から絶賛される

お疲れ様です、かるなです。 米ワシントン・ポスト紙は23日、当時の日本政府の命令に背き、独立して迅速かつ的確なコロナ対応を行った結果、功を奏した例として、日本の和歌山県を絶賛する記事を掲載した。 https://www.washingtonpost.com/world/asia_pacif…

米紙「日本は五輪を中止・延期しろ」

お疲れ様です、かるなです。 新型コロナが世界中で拡大する傍ら、日本の東京オリンピック関係者は、五輪の中止・延期を否定し続けている。 関係者内部、スポンサー、アスリート、各国首脳からも中止・延期の声が寄せられるなか、米ワシントン・ポスト紙は皆…

コロナ、男性の方が死にやすい

お疲れ様です、かるなです。 世界中で新型コロナのパンデミックが起きるなか、膨大な数の患者の治療が進むにつれ統計データの収集も進んでいる。 その統計データの一つから、男性の方が女性よりも致死率が高いという事実が明らかになりつつある。 昨日の米ワ…

米研究所「短期間の休校には感染予防効果なし」

お疲れ様です、かるなです。 昨日、米ワシントン・ポスト紙に不吉なタイトルの記事が出ていた。 「休校措置は、米疾病管理予防センター(CDC)のガイドラインと食い違う」 https://www.washingtonpost.com/local/education/states-are-rushing-to-close-s…

女性の消えた街

お疲れ様です、かるなです。 メキシコの首都メキシコシティで3月9日、街から一切の女性が消えた。 学校、会社、飲食店、役所など、街の多くの場所でも女性の姿が見られなくなった。 これは3月8日の国際女性デーを受け、メキシコシティの女性が翌9日(月…

米紙「日本の仕事文化はコロナを広めやすい」

お疲れ様です、かるなです。 米ワシントン・ポスト紙の新型コロナ特集ページでまた日本の記事が出ていた。 「東アジアの仕事文化はコロナの感染拡大を促す」と題されている。 内容はタイトルの通り、よくありがちな「ニホンジンハ、ハタラキスギ」系の記事。…

米紙「日本の問題は疾病対策センター(CDC)がないこと」

お疲れ様です、かるなです。 先ほど安倍総理が満を持して記者会見を開き、国民に「ここ数週間が勝負」と訴えかけていたが、海外メディアからも日本の新型コロナウイルス対策とその影響に注目が集まっている。 本日の米ワシントン・ポスト紙では、突如発表さ…

ロシア「新型コロナは米国の生物兵器」

お疲れ様です、かるなです。 本日の米ワシントン・ポスト紙の社説によると、ロシアによるものと思われる新型コロナウイルス関連のフェイクニュースが現在、米国内で問題視されているという。 「ウイルスは、米国が作り出した生物兵器」 「米薬品会社がもうけ…

アジアの病人

お疲れ様です、かるなです。 先日、ウォールストリート・ジャーナル(Wall Street Journal, WSJ)を眺めていてふと目に止まった記事があった。 "中国は『アジアの病人』(China Is the Real Sick Man of Asia)" 【オピニオン】中国は「アジアの病人」 - WSJ 過…

トランプ大統領、中東和平案を発表

お疲れ様です、かるなです。 既に多くのメディアでも話題となっていますが、米国のトランプ大統領とイスラエルのネタニヤフ首相が発表したパレスチナとの中東和平案についてです。 相変わらずウォールストリート・ジャーナル(Wall Street Journal, WSJ)紙…

選挙人の役割 - 米国大統領選(2020年11月3日)

お疲れ様です、かるなです。 ゴーンネタもひと段落し、どのニュース媒体も中国の新型のコロナウイルスの話題で持ち切りだったので、暇つぶしにワシントン・ポスト(Washington Post、WP)紙を眺めていたところ、米国の大統領選について社説が出ていました。 …